Youtuberとして実況されていると

突然チャンネル登録者が減った

といわれる方も多くいらっしゃいますね

もちろん、動画の内容が問題でチャンネル登録者が減った

ということも考えられるのですが

その他にも原因がある場合もあるみたいですね

今回はそのあたりの噂についても調べてみたいと思います。

今回の注目ポイントは?
  1. チャンネル登録者が変化する原因とは?
  2. 視聴者がチャンネル登録解除をした
  3. サードパーティのレポートツールの不具合
  4. YouTubeによって正当でないチャンネル登録者が削除された
スポンサードリンク

チャンネル登録者が変化する原因とは?

Youtuberとして活動されているとチャンネル登録者というものは

気になるところですよね。

チャンネル登録者の増減が動画の評価にも繋がるわけですから

気にするのはもちろんのことですよね

そうやって気にしているチャンネル登録者が突如減ってしまうと

かなりショックですよね(汗)

チャンネル登録者数が突如減少した場合考えられる原因は

  1. 視聴者がチャンネル登録解除をした
  2. サードパーティのレポートツールの不具合
  3. YouTubeによって正当でないチャンネル登録者が削除された

などの原因が考えられます。

これらの原因について詳しくみていきたいと思います

①視聴者がチャンネル登録解除をした

この原因は一番分かりやすいですよね

単純にご自身の投稿された動画に原因がある可能性が高いですね

その場合、コメント欄などでも多くの意見が寄せられていること

が多いのでそのあたりをしっかり見ていくのがいいのではないでしょうか?

②サードパーティのレポートツールの不具合

Youtubeのチャンネル登録者の増減を見るためには

サードパーティ(Youtubeアナリティクス以外)のレポートツールを

使うことも可能みたいなのですが・・・

その場合は、上手く反映されない場合があったりするみたいですね。

サードパーティのレポートツールのほうが使いやすい

といわれる方もいらっしゃるかも知れませんが

正確さを考えるならYoutubeアナリティクスという

専用のレポートツールを使ったほうがいいかも知れないですね

続きは次のページへ